特産品販売

海とともに!すべてに幸あれ!

日本有数のあじ・さばの水揚げ量を誇る松浦魚市場

松浦市は長崎県北松浦半島の北東部にあり、北は玄界灘から伊万里湾に面した松浦党発祥の地です。
「水揚魚種日本一!」といわれるほど水産業が盛んな長崎県は、
平戸諸島、五島列島、対馬、壱岐や九十九島など、総面積の約45%を島々が占めています。

その島々が立ち並ぶとりわけ美しい海域で、漁船の本土玄関として発展してきたのが、
人口2万5千人余りの小さな町でありながら全国有数の港町にまで栄えた松浦なのです。

かつて石炭でにぎわったこのまちは、炭坑の閉鎖後、昭和54年に「松浦魚市場」が開かれ、
現在はあじ・さばの水揚において全国有数の市場に成長しました。
その理由は「海とともに!すべてに幸あれ!」という、ゆるがない哲学に裏打ちされた徹底的な魚市場改革でした。

魚の旅は短いほど、新鮮。それは家庭の食卓が豊になること。
また、海から見れば、漁場に近い松浦の地の利は理想。
「市場の情報発信」にいち早く取りかかったことで、結果、食卓はもちろん、
漁師、せり人、仲買人など海に生きるすべての人々の生き甲斐や暮らしにも恩恵をもたらしました。

消費者も、生産者も、すべてに有意義な松浦の取り組み。
海とともに!すべてに幸あれ!これがどこよりも優れた松浦の海事情です。

おすすめの特産品

フルーツ

加工品

PAGE TOP